シワやたるみの改善は化粧水に含まれている成分と習慣がポイントになる!

シワやたるみ改善のために高価な化粧水を購入・使用する方も少なくありませんが、高価な化粧水だからといってシワやたるみが改善されるわけではありません。

シワやたるみに適している成分が含まれている化粧水や、間違った習慣をしないことがシワやたるみの改善に繋がります。

では、今回はシワやたるみに適している成分と間違った習慣をご紹介します。

シワやたるみに効果的な成分

安価な化粧水、高価な化粧水に限らずビタミンC誘導体・グロースファクター・レチノール・アスタキサンチンの成分が含まれている化粧水は肌の奥の細胞にまで働きかけてくれるためたるみやシワの改善に効果的です。

1つの成分だけが含まれている化粧水ではなく、これら4つの成分が含まれている化粧水の方が早い効果が期待できます。

ちなみに、毎日のようにメイクをされる方であれば化粧水だけにこだわるのではなく基礎化粧品も取り入れた方が良いです。

その理由としては毎日のようにメイクをすることで顔の毛穴が呼吸することができず肌トラブルの原因になるからです。

なので、毎日のようにメイクをする方は化粧水だけではなく美容液やクリームを取り入れることでシワやたるみ改善により効果的になります。

シワやたるみを悪化させてしまう間違った習慣

シワやたるみに効果的な化粧を使用しているのに間違った習慣をしてしまっているとシワやたるみの改善どころか手をかけてケアしているのに変わらないもしくは悪化させてしまう結果になります。

シワやたるみを悪化させてしまう間違った習慣は主に“冷水で顔を洗う“、“コットンを使って化粧水を浸透させる“、“夜専用のクリームを朝にも使う“になります。

意外とやってしまいがちな習慣ではありますが、冷水で顔を洗うと温度が低いことで肌トラブルに繋がる可能性が高いので34~38度程のぬるま湯で顔を洗うことが理想的です。

コットンを使って化粧水を浸透させる方法を“コットンパック“と呼んで実際に行っている女性が非常に多いですが、実はこの方法、お肌が潤うどころかコットンの繊維がお肌に負担をかけてしまっています。

なのでコットンは使用せずに手で化粧水をお肌に馴染ませることが大切です。

そして夜専用のクリームを朝にも使うということをすると、保湿力は高くても日中の外的刺激からお肌を守ってくれる力はほとんどありません。

夜専用のクリームは外的刺激からお肌を守るという機能は不要で、就寝中の保湿をメインで製造しています。

そのため保湿力が高いからといって朝も夜専用のクリームを使っても日中の外的刺激からお肌を守ることができずむしろお肌に負担をかけています。

朝は夜専用を使用するのではなく、朝専用のクリームを使用することでシミやたるみの進みを和らげててくれます。

まとめ

シワやたるみに良い成分を詳しく知らずに適当な化粧水を使用しているだけではシワやたるみの改善には繋がりません。

また、間違っている習慣を知らずに続けているといつになってもシワやたるみは改善されません。

これを機に習慣の見直しと、現在使用している化粧水の成分のチェックをしてみてください。